美肌になって若くみられたいなら、ビタミンCを摂取

美容液で摂取する

青いドレスの女性

美容液をつけてビタミンCを取り入れようと、手の平にのせてすぐ肌につける人が多いでしょう。
しかし、美容液をつける前やつけるときにあることに気をつけることで、ビタミンCを始めとした美容に良い成分を効率よく肌に浸透させることができます。

つける前について

つける前、何も気にせずつける人が多いですが、以下のことをしておくことで、更にビタミンCといった成分を浸透させることができます。
一つ目は、洗顔をすることです。
外出したのであれば勿論のこと、家の中にずっといたとしても、肌にはゴミなどの汚れがついている状態です。その状態で美容液をつけてしまうと、ビタミンCなどの成分を取り入れるどころか、ゴミやホコリを毛穴の奥まで取り込んでしまいます。
勿論肌トラブルを引き起こしてしまう原因となるので、洗顔をして綺麗な肌にしておきましょう。
二つ目は、手を清潔にしておくことです。
洗顔をして綺麗な肌の状態にしたとしても、その後何か作業をして手を汚してしまい、「このままでいいか」と美容液をつけてしまったら、菌を肌に取り込んでしまうことになります。
成分のみを浸透させるために、手もちゃんと清潔な状態にしておきましょう。

つけるときについて

美容液をつける際、やっておきたいことの一つ目は、マッサージをしながらつけることです。
マッサージをすることで、肌に流れる血流がよくなるため、ビタミンCを始めとした美容成分を肌全体に行き渡らせることができます。
二つ目は、美容液を馴染ませておくことです。
美容液をつける前に手のひらの上で馴染ませておくことで、普通につけるよりも美容成分が浸透にしやすくなります。